毎年恒例、朝から祐徳稲荷神社に参拝し、参道で食事をしたり、お土産を買ったりしてからの年始めとなりました。